社員研修の種類は多種多様!階層別やテーマ別の研修がある!


2018年1月27日

多様化する社員研修の現状

社員研修と言えば、何となく「新入社員が社会人としてのスキルを学ぶために行うもの」というイメージがありますが、実際はそれだけではありません。社員研修の種類や内容は多様化しており、数えきれないぐらい存在しています。新人や中堅、管理職ごとに行われる階層別研修や、コミュニケーションや部下育成、リスク管理などのテーマ別研修など、様々な研修が行われています。また、このような研修を自社のみで行うのは、非常に困難です。このため各種研修を専門的に提供している外部企業に委託し、自社の社員に研修を受けさせるケースが多くなっています。

階層別の社員研修とは?

階層別の社員研修とは、新人や中堅社員、管理職などの社内の階級ごとに行う研修を意味しています。研修の種類は階層ごとに様々なものがあり、新人向けの場合はビジネスマナー研修や電話応対研修など、会社員としての基礎を高めるための研修が多いです。一方、中堅向け研修の場合は、リーダーシップ研修やコーチング研修、プレイングマネージャー向け研修など、職場のリーダー的な役割を担うための研修が多く見受けられます。

テーマ別研修の内容とは?

テーマ別研修は、企業の成長や人材の育成に必要な研修であり、様々な種類があります。例えばコミュニケーションのテーマでは、プレゼンテーション研修やネゴシエーション研修があります。一方、ITやOAのテーマでは、パソコンスキルアップ研修やIT研修、システム開発研修などがあるようです。その他にもマネジメントやチームビルディングなど、様々なテーマが設けられています。

社員研修とは企業が社員に実施する研修のことをいいます。新人研修やスキルアップ研修、マネジメント研修など業務を遂行するにあたり必要な技術や知識を教育する研修が様々あります。