新入社員研修で大事なこと!配属されてから困らないレベルにする!


2019年4月25日

挨拶、身だしなみなどのマナーは必要

新人研修で教える大切ななものに、マナーがあります。挨拶、身だしなみ、メールの書き方、電話の応対など、これらを知らなければ配属されてから怒られる可能性が高いです。特に客先でマナー違反があれば、先輩からお叱りを受けるでしょう。また、マナーを知らないことに新人は気づいていないことが多いです。自分たちのマナーが正しいと思っていて、それを使いたがります。しかし、そのようなマナーはほとんどの場合間違っています。間違っていると指摘されることがなかったので、間違いに気づいてないのです。それを考慮すると、マナーを教えるときに大事なのは、きちんと最初から教えることです。一から教えないと間違ったマナーを覚えるでしょう。

常識は教えると役に立つ

新人研修で教える大事なことに常識があります。これは学生と社会人の常識が大きく違うために、根本から教え直す必要があるからです。例えば遅刻です。学生は遅刻をしても授業を受けられるでしょう。しかし、社会人が遅刻すると、ペナルティがあるケースも多いです。お客さんとのアポイントに遅刻すれば、契約を打ち切られるかもしれません。それほど遅刻は問題になるのです。このような社会人として持っているべき常識は、新人研修で教えておくと、配属後に役立つことが多いです。

可愛がられることは大事

新人研修では先輩の可愛がられることを教えると、配属されたあとに助かることがあります。新人研修で教えられるのは仕事の一部で、残りは現場で覚えるしかありません。その時の先生は先輩になります。先輩から可愛がってもらえば、仕事でも楽しく学べるでしょう。

会社を長く継続させるには、人材の確保とともに社員教育が必要となります。全従業員が同じ目標に向かって成果を上げるためにも、ひとりひとりに実施することが大切です。